カラダのお話

秋におすすめツボ/Tsumikiつみき整体/鍼灸/アロマ/マッサージ/交通事故治療 ー 京都 伏見 –

こんにちは。
暦の上では秋ですが、残暑が厳しいですね。

朝晩の寒暖差や空気の乾燥により咳や皮膚の乾燥、身体がだるくて疲れが取れない。やる気が出ない、一日中眠い、などの症状が出てきやすい時期です。

秋は東洋医学のなかでの肺と関係が深くあります。

東洋医学で肺では“気”が作られるものとされています。気とは、身体を動かす生命エネルギーのことで、身体のあらゆる活動のもとになります。気だけではなく大腸や皮膚、呼吸や水分コントロールの機能などにも関わる大事な場所です。


この秋バテや肺を補うにもおすすめのツボをご紹介します。


中府(ちゅうふ)
肺の気が集まるところで、咳を鎮めたり、深く呼吸ができるようになるツボ
場所 : 鎖骨の下を外側へたどり骨が当たるところがあります。そこから指1本分下のところ


尺沢(しゃくたく)
咳を鎮めたり喉の痛みやお肌の乾燥に効果のあるツボ
場所 : 肘を曲げたときにできるシワの真ん中にある硬い腱の外側のくぼみ


梁丘(りょうきゅう)胃腸の働きを整え、胃やお腹の痛みに効果があるツボ
場所 : ヒザのお皿の上側から頭に向かって指3本分上、正面よりやや外側


お灸を使うことをおすすめしますが、難しい場合は、指で痛気持ちいいくらいに3〜5秒を3回ほど押してあげるのも大丈夫です!
ぜひ秋の養生にお使いくださいね。


オンライン予約はコチラ

カラダのメンテナンス Tsumiki

京都府京都市伏見区深草北新町652-2

TEL 075-642-250

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA