カラダのお話

梅雨入り Tsumikiつみき 整体/鍼灸/アロマ/マッサージ/交通事故治療 ー 京都 伏見 –

とうとう梅雨に入りましたね。京都は盆地なのでさらにじめっとした暑さになっています😅

季節の変わり目は体と心のバランスも崩れやすいので、自然界のリズムに合わせて、身体の調子を整え痛みやコリをなくしていきましょう!

梅雨入りでの身体の不調の原因は?

梅雨の時期に注目すべきは『脾と胃』です。この消化器系である脾胃は湿気を嫌い乾燥を好むという性質があります。なので梅雨や初夏には胃腸の調子が悪くなり、乾燥が進む秋に食欲が湧いてくるのですね。

脾胃は食べ物を消化吸収し全身に栄養を送り届け、体内の水分代謝を担っています。この機能が弱ってしまうと食べたものが消化しにくくなり、食欲がわかなくなったり、消化が悪い、身体がだるい、むくむ、下痢、疲れやすいなどの症状が出てきます。また、脾胃に湿が溜まると肌肉にも症状が現れると言われており、ニキビや吹き出物といった肌トラブルが発生しやすくなります。

梅雨の身体不調への対策とは?

●甘いもの・脂っこいもの・冷たいものを摂り過ぎない。

体内に湿を生み出す原因となります。この時期にはなるべく消化の良い食べ物を選んだり、余分な水分を排出してくれる、ハト麦茶や小豆などの豆類、きゅうり、とうもろこしなどがおすすめです。

●部屋の風通しは良くし、しっかり除湿対策を行いましょう。

●お風呂に浸かり、有酸素運動をする。発汗を促し血液循環も良くなるので習慣化して行うのが健康への第一歩になると思います。

Tsumikiではお身体に合わせた鍼灸施術も行っております。気持ちの良いマッサージと共にバランスの崩れた体調を整えるためにポイントで鍼や灸を施術したりとお客様のお好みに合わせておこなっております!

ご予約はコチラ

カラダのメンテナンス Tsumiki

京都府京都市伏見区深草北新町652-2

TEL 075-642-2505

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA